テレフォンレディ

2020年07月15日

テレフォンレディのお姉さんからしたら、最初の頃の俺、超めんどくさい客だったと思うよ・・・。
始めてテレフォンレディの人と話したのって、大学の頃だったんだけどさ。
その時、地方から出てきてて、初めての一人暮らしで、友達もいないし・・・標準語もちゃんと話せてるのか心配で誰とも話せない日々が続いてたんだ。
もうしんどくて、毎晩泣きそうになっちゃうくらいだったんだけど、テレフォンレディのチラシがたまたま家のポストに入っててさ。
誰でもいいから話したいってつい電話かけちゃったの。いくら取られるかも知りもしないで。
ただ電話をしようと思うと、何を話していいのか分からないし、会話が途切れちゃうのが一番怖いし・・・・
いきなりエッチな感じでいいのかな?なんて何度もシュミレーションして台本まで作って挑んだんだけど・・・
テレエッチ
やっぱり、いきなりエロモードは俺には無理で。
「はい!○○(店の名前)の××です!お電話ありがとうございます!」って言われた時、「間違えました!」って切りたくなったもん。あまりのプレッシャーに。
そのまま無言でいたら「お電話、初めてですか?システムのご案内からいたしましょうか?」って向こうから一方的にペラペラ話してくれて、助かったよ。
だんだん相手のテレフォンレディの人がため口で話してくれるようになって、それで何となく安心できたっていうか、落ち着いて来て。
「今、大学に行っとるんやけど、なかなか喋れんからな・・・」ってつい方言出ちゃって。
そしたら、テレフォンレディの人が「あ、そんなの気にせんときや~」って方言で話してくれて、ぱっと気持ちが晴れたことあるんだよ。
パパ活アプリ
交際クラブ

© 2020 ファッションブログ。 Design by アシュリーエレガント
Powered by Webnode
無料でホームページを作成しよう!